ホーム > 小型船に必要な海図とは!

小型船に必要な海図とは!

小型船舶が航行できる水域は、下表のように、取得している免許の種類や、受けている船舶検査の種類によって異なります。
これらのうち、船舶検査の種類により可能とされる水域の航行には、水域毎に搭載が義務付けられた備品(法定備品)が定められていて、海図一式もその一つとなっています。<海図の常備義務

小型船舶操縦士免許

種類 航行可能水域
1級小型船舶沿海区域の外側80マイルまで
2級小型船舶沿岸5マイルまで
特殊小型船舶(水上オートバイ等)海岸から2マイルまで

小型船舶検査

種類 航行可能水域 法定備品
沿海小型船舶海岸から20マイルまで海図一式
限定沿海小型船舶最高スピード往復2時間以内の距離 海図不要
沿岸小型船舶海岸から5マイルまで 海図一式または沿岸小型船舶用参考図
平水域のみの場合は海図不要

日本水路協会が発行している航海用参考図では、次のものが「沿岸小型船舶用参考図」に指定されています。

今までは・・・
“2級免許(海岸から5マイルまで)”を持っていても“限定沿海小型船舶”では『最高スピード往復2時間以内の範囲』しか航海できませんでした。
平成16年11月に
『沿岸小型船舶の技術基準』新設!!
プレジャーボートなどの小型船舶が船舶検査によりこの技術基準を満たせば、2級免許で操船できる水域を航行可能となり、従来よりも容易に日本各地へ行くことができるようなりました!!
新しく設定された『沿岸小型船舶水域』