ホーム > 海図ガイド > 主な商品カテゴリ > 航海用電子参考図(newpec)

航海用電子参考図 (new pec)

★NP01区域の葉山灯台の位置修正について★更新情報提供開始★NP07「本州東岸」無償提供終了★潮汐データ・月出没時刻の表示★ユーザールート・ポイント★GPSログデータ★Windows8.1/10対応

NP01区域の葉山灯台の位置修正について

東京湾及び周辺(NP01)の葉山灯台(lat.35度16.3分 long.139度33.8分)の位置が 間違った位置に収録されていました。修正データを下記「修正データダウンロード」からダウンロードし、修正してください。 修正データは、newpecライセンスに関係なく利用できます。
修正データダウンロード

2015年4月以降のデータバージョン(NP01-1.52)を取り入れた方は、本処理の実施の必要はありません。

修正データによる更新手順
  1. 更新データをダウンロード(zip圧縮ファイル)
  2. new pecを起動し、葉山灯台周辺を表示する。灯台位置確認
  3. 起動したnew pecプログラムを終了します。
  4. ダウンロードファイル(zip圧縮ファイル)を解凍
  5. 解凍後ファイル(NP01-Update20150128.exe)をダブルクリック
  6. 実行許可画面がでたら許可をクリック
  7. メニューに従って、順次アイコンをクリックし、完了アイコンがでたら完了です。
  8. new pecを起動し、葉山灯台周辺を表示し、更新後の灯台位置を確認

2015年1月5日提供のニューペックデータ(NP01及びNP00)は、2015年1月28日に修正しました。

更新情報提供開始について

  • 更新情報は、年4回(1月・4月・7月・10月)提供します。

  • 購入後1年間は、購入海域のバージョンアップを利用することができます。

  • 海域を追加購入すると、購入済みの海域も含めて1年間バージョンアップを利用することができます。

  • ニューペック更新版(NPU3)
    商品: NPU3 3年バージョンアップ  10,800円(消費税込み)
    購入済み海域全てのバージョンアップを3年間利用することができます。
    バージョンアップが有効な場合は、バージョンアップが切れた後に3年間が追加されます。

    新サービス
    オプションデータ「潮汐・潮流データ(TD)」についてもNPU3に含めることにします。
    【例】
    20xx年に、3年バージョンアップ(ダウンロード)NPU3を購入すると、
    TD-20xx、TD-20xx+1、TD-20xx+2及びTD-20xx+3の潮汐・潮流データを利用できます。

    NPU3を購入する場合のライセンス有効期間関連図


  • ダウンロード有効期間
    • 追加購入の場合
      1年間のバージョンアップが利用できます。既に3年のバージョンアップを購入している場合、期限内であれば3年のバージョンアップの期間で延長等はありません。

    • バージョンアップ商品(NPU3)購入の場合
      現在有効なバージョン期限に3年間が追加されます。

  • 海底地形オプションデータにも上記バージョンアップが適用されます。

NP07「本州東岸」無償提供の終了について

2011年3月11日発生の東日本大震災を踏まえて、new pec NP07「本州東岸」を暫定無償提供していましたが、 震災から5年が経過したことを節目とし、NP07「本州東岸」の無償提供を2016年10月2日をもって終了しました。

潮汐データ・月出没時刻の表示について

ニューペックの古い表示プログラム(バージョン2.11以前)には、 下記の問題がありますのでご注意ください。

  • 潮汐データの表示について
    通常潮汐データには、基本的に負のデータは無いのですが 潮の大きい干潮時には、負の値となることがあります。
    ニューペックの潮汐データベースへの記録フォーマットは 負のデータを記録できない構造となっているために負のデータに10000を加えた数値で保存しています。
    潮汐カーブの処理には、問題なく負の処理をしていますが、 数値表示の時に記録してある数値のまま表示してしまいます。
    例 -2cm の時 9998cm と表示

  • 月出没時刻の表示について
    月出時刻または、月没時刻がその日に存在しない時があります。
    ニューペックデータペースでは、時刻に99時99分として記録しています。
    潮汐データの表示と同様にそのまま時刻の場所に99時99分と 表示しますので、ご注意ください。
    新バージョンでは、月出没時データが無い場合は、****を表示します。
    古いバージョンをお持ちの方は、インターネットより最新の ニューペックをダウンロードし、ご利用ください。
    新バージョンのDVDが必要な場合は、DVD作製費用と送料が必要となります。

ユーザールート、ユーザーポイントについて

表示プログラムバージョン1.00、1.01で作成されたユーザーポイント及びユーザールートは、 表示プログラムバージョン2.10以降とフォーマットの互換性がないために、 表示プログラムバージョン2.10以降へは取り込みできません。

GPSログデータについて

  • GPSログデータの画面表示読込みは、「計画モード」の「ツール」から可能です。
  • GPSログデータの保存
    基本設定→診断ログにフォルダー名を指定することにより、ファイル名(gps****-mm-dd.log)として保存されます。****-mm-ddは(年、月、日)の日付です。
    保存場所は、「c:\\newpec\UserData\Gps_Log\」に設定されています。ただし、利用者によって保存場所が変更された場合は、利用者設定の場所に保存されます。
  • GPSログファイルは、GPS航行にかかわらず起動すると自動的に作成されます。
    ファイルサイズが゜0のファイルは、手動により削除してください。
  • 当日のGPSログの過去航跡取り込みは、できません。
    当日のログを表示したい場合は、一旦 ニューペックを終了してその日のGPSログファイルを 別フォルダーにコピーし、コピーしたファイルを再起動後に指定すれば、取りこむことができます。

Windows8.1、10対応について

ニューペックは、Windows8.1のディスクトップモード及びWindows10にて動作を確認しています。
起動に必要なHASPドライバーも2015年10月5日の日付で最新のドライバーが提供されています。PCを変更された場合は、最新のHASPドライバーをご利用ください。
GPSドライバーについては、弊社サイトで紹介している機種については、Windows10での動作を確認しています。他の機種については、各販売元にご確認ください。